体臭やプツプツに!「ピロエース石鹸」の使用感レビュー

「第一三共ヘルスケア ピロエース 石鹸 70g」効果と使った感想について。

水虫薬・たむし薬でお馴染みの「ピロエースシリーズ」の石けん。「ピロエース 石鹸 70g」のご紹介です。成分や効果、実際に使用した際の使い心地などを実体験を元にレビューします。

created by Rinker
ピロエース
¥248 (2019/08/24 18:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

「第一三共ヘルスケア ピロエース 石鹸 70g」

東京都にある製薬会社「第一三共ヘルスケア株式会社」が製造販売する薬用石鹸です。

「ピロエース シリーズ」の他に「マキロン」「オイラックス」シリーズを展開する有名な製薬会社です。

こちらは、化粧品とは異なり「医薬部外品」になります。

※医薬部外品とは化粧品と医薬品の中間で、実際に何らかの改善効果をもたらすが、効果が穏やかな薬を示す薬に対しての法律上の分類です。

「ピロエース 石鹸」の主な効果

「ピロエース 石鹸」の主な効果は

  1. 皮膚の清浄・殺菌・消毒
  2. 体臭・汗臭を防ぐ

です。

有効成分としては

イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)とジフェンヒドラミンHCl(消炎成分)で、殺菌効果と消炎効果を持っています。

これにより期待できる実際の効果としては、洗浄殺菌により、足臭、ワキ臭、汗臭などの体臭の改善効果。同じく洗浄殺菌により吹き出物、ニキビ、アセモなどの改善効果が期待できます。

後述しますが、実際に使ってみた効果として、「おしりアセモ」「背中ニキビ」「おでこニキビ&小さなプツプツ」が9割ほど改善しました。

「ティーツリーオイル」を配合で・・・

成分欄には記載はありませんが「ティーツリーオイル」を香料(一部)として配合しています。「ティーツリーオイル」は香りが独特でこのピロエースの香りの基礎にもなっているものですが、実は「ティーツリーオイル」には様々な美容効果があります。

主な作用として「抗感染作用」「殺菌作用」があり、なかでも殺菌作用は、カンジダ症や水虫の「真菌(カビ)」の繁殖に対しても改善効果があります。

洗浄剤は「石けん」です。

薬用成分以外の通常の洗浄剤として「石ケン素地」を使用しています。

実際に使用してのレビューです。

ここからは、実際に使用してみての感想に関してお伝えしていきます。

使用環境として、私は「洗顔」と「体洗い」の両方で、使い切るまで「毎日」使用し続けるという使用状況になります。体洗いにはコットンのボディータオルを使用しています。

また、肌質は敏感肌。加えて、カミソリ負けなど、外部刺激にも弱い肌質となります。

「香り」に関して。独特だけど清潔感は最高。

香りの強さは強め。香料の一部に使用している「ティーツリーオイル」が原因かと思われますが、独特の香りで、また、レスタミン石けんと比べると明らかに匂いが強いです。

言葉で香りを表現するのは難しいですが、匂いはユーカリのような爽やかな緑や自然の感覚は残しつつも、薬っぽさを感じる香りで、病院や介護施設などの医療・福祉施設で、嗅いだことがある香りという感じ。

身近な場所にある似た香りとしては駅や商業施設など「(家ではない)トイレの緑色の液体石けん」が近いですね。(※あの、ボトルの下の突起を上に押し込むと出てくるやつです。)

確かに洗顔や浴用としては珍しい香りですが、個人的には好きです。香りからは清潔さが溢れており、不快感はないです。
とはいえ変わった香りであることには違いがありませんので、人によっては気になるポイントです。

「残り香」に関して。

特徴的でかつ、強めな香りなので意外でしたが、お肌に残る残り香はゼロに近く、私には無臭に感じました。
ただ、石けんや石けんから出た泡の香りは強いので、浴室の残り香は多少ありました。慣れもあるとは思いますが、浴室の香りを気にする場合は密閉できるソープケースを使用すると
だいぶ匂いを軽減できるので検討してみると良いですね。

「洗い上がり・仕上がり」に関して。兎に角サラサラ。

とにかく「サラサラ」とした洗い上がりです。「洗顔」とボディータオルを使用しての「体洗い」に毎日使用しました。
洗い上がりの特徴としては汚れをしっかりと落としてくれる印象。また油分もかなり落としてくれるので、クレンジング後の洗顔などにもいいと思います。
洗浄剤は「石けん」を使用しているため、石けん同様に油を完全に奪われてしまう感覚はあるので、入浴後や洗顔後に保湿ケアをおすすめします。
繰り返しになりますが兎に角「サラサラ」としていて、少し大げさに言うとピーリング石けんにも近い感覚がありました。殺菌効果と相まって「背中ニキビ」や「お尻のアセモ」「おでこのブツブツ」なんかも改善されサラサラとツルツルとしてきた感じがしました。

「泡立ち」に関して。やや物足りない印象。

泡立ちそのものは悪くないのですが、石けんの量と水の量の関係性がシビアです。
水が少ないと、ネットリとした泡ができ、多いと水っぽい泡になるわけですが、その加減が難しく、ねっとりし過ぎたり、水っぽすぎたりと、ちょうどいい泡を作るのに慣れが必要でした。慣れれば普通に泡立ちは「普通。悪くない。」という感じです。

洗浄剤が石けんということもあり、ボディータオルとの相性は良いです。

ただし、手での洗顔では泡立ちは良くないです。立体的なモチッとした泡は手では作れなかったです。泡立てネットを使用すればモコモコとします。
よって、注意点としては、「手で泡を作るのは難しい。」ことです。洗顔は手でも許容できますが、全身を手で洗うのは厳しそうです。

「泡切れ」に関して。良いです。

泡切れは良好。メインの洗浄剤には「石けん素地」を使用しているので無添加石けん同様の泡切れで、サッと泡を洗い流す事ができます。また、ボディータオルからの泡切れも良好です。

「洗浄能力」に関して。至って高い洗浄力。

洗浄能力は極めて高く感じます。炭石けんのように毛穴の中の汚れを掻き出す感はありませんが、お肌の面の全てを綺麗に洗浄してくれるので、とても清潔感が実感としてもあります。

使用していくと先にお伝えしたとおり、ニキビ吹き出物などのお肌のブツブツ全般がツルツルになるのでそういった意味でも清潔感に繋がります。

足やワキなどの汚れや匂いの気になる部分に関しての洗浄感も良好で、私の嗅覚では完全に無臭に洗浄してくれました。

殺菌効果は配合する「イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)」や「ティーツリーオイル」などにより、一般的な浴用石けんにはない殺菌性能を持っています。

「刺激性」に関して。意外と低刺激に感じた。

刺激性は低いです。無添加石鹸などとは真逆の石けんなので、ある程度の刺激を予想していただけに意外です。デリケートゾーンもしみる感じは少なく刺激は低いように感じました。

「耐久性」「コスパ」に関して。

使用し始めてから完全に消失(使い切る)まで「34日間」使用できました。最後まで形を保っており、ドロドロにならず、気持ちよく使い切ることができました。

「34日間」というのは1つの固形石けん単位では非常に長い部類に入ります。私の同じ使用環境で、一般的な100グラ前後の石けんが30日前後で使い切ってしまうのに対し、70グラムの容量と少ない容量のにもかかわらずこちらは4日も多く使用できています。

耐久性に関しては非常に良好です。

コスパに関しては「良い」と感じました。

一般的な無添加石鹸は1つ(100g程度)で100円~200円程度なのに対し、こちらは1つ(70g)で安くても300円台~500円台と、倍以上の価格となっています。価格は倍以上違いますが、成分や効果を考えたコストパフォーマンスは良いと思います。また、私の使用環境においては同等の使用方法で他の石鹸と比較して1割以上長持ちしたのので、そういった面でもコスパはよく感じました。

まとめ「匂いや菌のない清潔な肌を維持することは大切です。」

体臭や吹き出物などのブツブツにお悩みの方におすすめです。一般的な石けんでは落としきれなかった菌を殺菌し、積極的に吹き出物やニキビなどを改善していくことが出来ます。

また、殺菌・洗浄効果は汗臭や腋臭、足臭などの体臭全般にも効果的です。

匂いは独特でですが、残り香はあまりなく、口コミで匂いを懸念している方もぜひ試していただきたいと思いました。

実際使用しての効果としても、腋臭やお肌のプツプツ関係に想像以上に効果があったので、また、おでこのブツブツなど気になり始めた際にはリピートしようと考えています。

created by Rinker
ピロエース
¥248 (2019/08/24 18:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする